中国の取引所である「バイナンス」は本当に大丈夫なの?

上海に本社を構える取引所「バイナンス」。2017年7月に設立された新しい取引所です。
新しいからと侮るなかれ、事業開始約1ヶ月で、グローバル仮想通貨取引量トップ10に入り、その成長のすさまじさで注目を集めています。※2018年1月ついに世界一位の取引額の取引所にまで成長しました!
最近頻繁に発生するハードフォークによって誕生する新規仮想通貨を全て扱っていることや、価格上昇率の高い草コインを大量に扱っていることから日本だけではなく世界中で注目を集めています。中国の取引所と聞くと、過去に中国国内で主要な取引所が閉鎖になった過去事例もあり、正直不安が残ります。本当にバイナンスは利用しても大丈夫なのでしょうか?

基本情報

Binance1

取引所名 Binance・バイナンス
運営会社
公式HP Binance HP
取扱コイン BTC,ETH,DASH,ZEC,XMR,LTC,BTG,DGD,XZC,NEO,PPT,QTUMなど約100種
日本語対応
安全性 二段階認証
取引手数料
出金手数料
国内からの入金方法 仮想通貨での送金

草コインを取り揃えたBinance

Binanceの特徴は扱っているコインの種類の豊富さハードフォーク時に生まれるコインが付与される事でしょう。
国内取引所では買いたくても買えない1コイン1ドル以下の草コインがBinanceにはまだまだたくさんあります。実際に草コインがビットコインのように価格が高騰するかはわかりませんが、一発にかけたいならバイナンスから買うのが良さそうです。またビットコインやアルトコインのハードフォーク(分裂)時に生まれる新たなコインの付与も魅力的です。この先ハードフォークが頻繁に行われるとなるとバイナンスで分裂元のコインやビットコインを持っているだけで新たにコインが手に入るということになります。
その他にも海外取引所には珍しくアプリ・サイトが日本語対応されていたり、独自のトークンを使うことで手数料が安くなったりと国内取引所にはないサービスは魅力的です。

取扱仮想通貨とハードフォーク時の対応

2017年11月現在70種類以上のアルトコインを扱っています。
2018年1月現在90種類以上のアルトコインを扱っています。
BTCからのハードフォークで誕生したビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドなども扱っており、ビットコインダイヤモンドについては2017年11月現在ではバイナンスのみが扱っています。

また2017年12月に連発したハードフォークに対して日本の取引所では国内取引所ではそのほとんどは付与されず、取り扱いすらしていないのが現状です。
今までにビットコインからのハードフォークでビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド、スーパービットコインなどが生まれてきましたが、Binanceでは分裂元のコイン(この場合はビットコイン)を保持しているだけで新たに生まれたコインが付与されてきました。新しい仮想通貨の付与を期待するのであればバイナンスでビットコインの運用した方がお得です。

日本語対応について

海外の取引所は基本的に英語や中国語が言語として採用されていて中々日本人には扱いきれなかったのですが、バイナンスでは海外取引所では珍しい日本語に対応しています。しかも代表の方は今後日本円での取引にも対応するかもしれないとはっきりではないですが、発言しているようなので今後に期待したいところです。

独自トークンで手数料も安くなる

通常でも取引手数料が0.1%と業界最安値ですが、BNBトークンを購入して手数料の支払いに使用すると、取引手数料はさらに半額の0.05%になります。
頻繁に取引をされる方にとって手数料はただの厄介者です。少しでも手数料の支払いを減らすためにバイナンスの利用をおすすめします。

デメリット・危険性

binance閉鎖・停止の可能性

【上海=張勇祥】中国の大手仮想通貨取引所である「OKコイン」と「Huobi」は15日、ビットコインなど仮想通貨の取引と人民元への交換業務を10月末で停止すると発表した。大手取引所の一角「BTCチャイナ」も14日に同様の発表をしており、他の取引所も追随する見通し。中国における仮想通貨の取引所は事実上、全面的に閉鎖される。

 仮想通貨を通じた資金洗浄や資金の海外流出を懸念する中国の金融当局は仮想通貨の規制、監視を強化する姿勢を鮮明にしていた。14日ごろからは地方の金融当局が管轄の仮想通貨取引所に対して閉鎖を指示し始めていたとみられる。

これは先日のBIGニュースなのですが、中国の主要取引所であった「OKコイン」、「Huobi」が中国政府の規制によって営業が停止となってしまいました。
現在「OKCoin」は香港に運営会社を構えて「OKEx」として取引所を運営、「Huobi」はシンガポール拠点に「Huobi-pro」として運営を開始。中国でのサービス提供できないのですが、規制がかからない国にいけば問題なくサービスが提供できるみたいです。

バイナンスにおいてもHCC、LLT、ELC、BTM、YOYOなどの一部トークンの取引一時停止が発表されました。
バイナンスの本社は上海にあるため、もしかしたら今後営業停止や取引に規制がかかる可能性は0では無いかもしれません。

OKEX公式HP
https://www.okex.com/

Huobi-pro公式HP
https://www.huobi.pro/

詐欺コイン購入の可能性

豊富な草コインを取り揃えていることが逆にデメリットになる場合もあります。Binanceに上場されているから安心と思っていては詐欺コインを買わされて資産がなくなってしまうこともあります。
各コインが安心して投資できるものか見極められる力がない人にはBinanceでのアルトコインへの投資はおすすめできません!かく言う私も詐欺コインを大量に買ってしまい、資産が激減しました…。
関連記事:ICO詐欺被害に!CTRコインの詐欺発覚から価格暴落までのすべて

これからのハードウォークに向けて準備を

・Bitcoin Diamond (11/24にフォーク済み)
・Bitcoin Platinum (12/1予定)
・Super Bitcoin (12/17予定)
・Bitcoin Uranium (12/31予定)
・Bitcoin Silver (12月中予定)
・Bitcoin Cash Plus (2018/1月頃)

上記6件のハードウォークを2017年12月から計画されています。私自身も先日までビットコインを保有していたのですが、私が使っていた国内取引所coincheckでは今のところビットコインダイヤモンドは扱っておりませんので付与されませでした。(現在コインチェックでも取り扱い検討中との報告もあり)バイナンスでビットコインを運用してたら付与されていたのにと思うと残念でなりません。
これを機に私はメインの取引所をコインチェックからバイナンスに変更しました!

確かに中国の取引所ということで、国家の都合などで営業停止や取引規制などの心配がありますが、だからといってビットコインを保有するだけで新規仮想通貨が続々と付与される動きを見逃すわけにはいきません。いつでもハードウォークに対応できるようにアカウント作成だけはしておいたほうがいいと思います。いくら中国政府も予告もなしにいきなり停止するなんてことはないはずです。
新たな動きが出る前に準備しておくと、あなたもいつか億り人になれるかもしれませんよ!

〜〜2018年1月追記〜〜

バイナンスの登録方法

バイナンスのトップページにアクセスします。
binance_regist01
画面右上に「Register」(登録)があるのでクリックします。
binance_regist02
登録情報入力画面です。上から順に「メールアドレス」「パスワード」「パスワード確認用」「リファラーID(未記入でOK)」を入力して、利用規約の同意のチェックを入れ「Register」をクリックします。
binance_regist03
ロボットやプログラムでない証明をします。カーソルを動かしてパズルのピースをはめる証明方法なんですが、これが意外と難しい笑
指先が器用でない人はずれてしまったり、時間がかかったりしますが問題ありません。
ここまで完了すると登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
binance_regist04
バイナンスの登録確認メールです。5つのセキュリティポイントが書かれていますので確認しておきましょう。
「パスワードは他人に教えないようにしましょう」
「バイナンスのサポートセンターのなりすましに注意」
「バイナンス運営メンバーなどのなりすましに注意」
「グーグル二段階認証を設定しましょう」
「バイナンスの公式ヘージにアクセスしよう。なりすましページに注意」
基本的なセキュリティ対策から詐欺の手口まで教えてくれています。入会メールでの注意喚起は助かりますね。
入会を進めましょう。「Verify Email」をクリックします。
binance_regist05
これでアカウントがアクティブになりました。これで登録は完了です。さっそくログインしてみましょう。

バイナンスのIdentity AuthenticationをLv2にあげる

binance_regist08
登録が済んだら次は使えるようにします。ここまでの状態では24時間以内に送金できるビットコインの量が2BTCまでになっています。そんな小さい単位では話になりません。
ID認証のレベルを2にすることで200BTCまで取引できるようになるので、設定していきましょう。この作業はパソコンで行う必要があります。
binance_regist06
まずはログイン画面です。ここにも公式ページにアクセスしているか確認させる文がありました。そんなになりすましページが多いのでしょうか?きちんと確認ができたらメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
binance_regist09
パソコンでログインすると安全性リスクの注意事項が表示されます。なりすましや偽アプリ、電話勧誘などに気をつけようとなっています。確認できたらチェックして次へ。
binance_regist10
二段階認証の設定をしましょう。google Authenticationかショートメールでの認証か選べますが、googleがオススメです。

Google Authenticationの設定方法

binance_regist13
ステップ1:お手持ちのスマホにアプリをダウンロードします。
binance_regist14
ステップ2:アプリにQRコードかパスワードを読み込ませます。
binance_regist15
ステップ3:赤枠内に表示されているパスワードをメモします。
binance_regist16
ステップ4:それぞれ入力して有効にするをクリックします。

これで二段階認証の設定が完了します。これを済まさないとレベル2に上げることができないので初めに済ましておきましょう。
binance_regist12
次に本人確認をします。赤枠内のリンクをクリックします。
binance_regist17
Internationalを選択して苗字と名前を入力します。
binance_regist18
海外取引所の場合は本人確認にはパスポートを使います。パスポートの顔写真のページの写真を送信します。
binance_regist19
またパスポートを持った写真と、その日の日付とキーワードの書いた紙をもったセルフィーも送信します。
これで数日するとバイナンス側で確認がとられレベルが2になり、自由に取引できるようになります。

バイナンス登録者600万人突破

中国の取引所ということで心配な人もいるでしょうが、まったく変なところもなくむしろセキュリティに対する意識は高いように感じました。そのおかげなのか、2018年1月ついにバイナンスの登録者が600万人を突破しました!現在世界最大の取引量の取引所となります。24時間で取引されている額はなんと約2000億円です!たった1日の額ですよ!
ここまでくると安心して利用できます。またこの規模までくるといきなり閉鎖や取引停止の心配もないでしょう。バイナンスではこれまで登録者が急増した際に新規の登録を停止することは度々ありました!今はまだその動きはありませんが次いつ停止するかわかりませんので今のうちに登録をおすすめします!

損をしないための取引所の選び方

仮想通貨投資を始めるなら取引所に口座を作るところから始めないといけないのですが、取引所選びはとても重要で悩ましい問題です。 取引所選びをおろそかにしてしまっては手数料や使い勝手などで損をしたり、購入できるコインの幅が狭まったりして、儲ける機会を減らしてしまいます。 まずはご自身の取引頻度や目的にぴったりの取引所を見つけるところから始めましょう! starting-guide 資産が1年で10倍以上!仮想通貨で資産運用を始めるには

初心者におすすめの国内最大手取引所

ビットコイン取引量日本一のbitFlyerは安心のセキュリティに加え手数料無料やアプリ対応などの基本的な機能はもちろんのことながら、bitFlyer Lightningによりトレーダーにも完全対応している取引所です。今から始める人からレバレッジをかけてFXで投資したい人まで全スタイルにおすすめです。
取引所名 bitFlyer
タイプ 取引所・販売所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン イーサリアム イーサリアムクラシック ライトコイン ビットコインキャッシュ モナコイン リスク
売買手数料 無料
安全性 ○(仮想通貨交換業者登録済・2段階認証・マルチシグネチャ・コールドウォレットなど対策済)

FX会社運営のトレーダー用取引所

FXの会社が母体なのでアプリの使いやすいBit Trade!トレーダーに使いやすい設計なのでFX経験者にはオススメです。
取引所名 ビットトレード
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン リップル ライトコイン イーサリアム モナーコイン ビットコインキャッシュ
売買手数料 0.2%
安全性 ○(仮想通貨交換業者登録済・2段階認証・マルチシグネチャ・コールドウォレットなど対策済)

あらゆる手数料が無料でサポートも充実の取引所

取引手数料はもちろん、日本円の入出金が無料のDMM Bitcoin!入出金無料は地味に助かります。仮想通貨交換事業者登録済みで24時間365日サポート、LINEでの対応もOKなので安心して利用できるのもおすすめポイントです。
取引所名 DMM Bitcoin
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン イーサリアム ネム リップル ライトコイン イーサリアムクラシック ビットコインキャッシュ
売買手数料 無料
安全性 ○(仮想通貨交換業者登録済・2段階認証・マルチシグネチャ・資産の分別管理)

最速で口座を作るならオススメの取引所

日本円の即時入金無料が無料なので儲かるタイミングを逃さない!GMOコインはビットコインの引き出しや日本円出金も無料なのでFX用にもおすすめの取引所です。最短で申し込み翌日から取引可能なので急いでる時はGMOコイン!
取引所名 GMOコイン
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン イーサリアム ネム リップル ライトコイン イーサリアムクラシック ビットコインキャッシュ
売買手数料 無料
安全性 ○(仮想通貨交換業者登録済・サイバー攻撃対策・マルチシグネチャ・資産の分別管理)

マイナス手数料なので取引数の多い人向けの取引所

国内取引所で利益を追求したい人にはオススメの取引所!ビットコイン手数料は驚きのマイナス0.01%!取引所形式で無駄なスプレット手数料も0!デイトレーダーにはオススメの取引所です!長期保有をお考えの方には仮想通貨積み立ても用意されいます。
取引所名 Zaif・ザイフ
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン イーサリアム ネム ビットコインキャッシュ モナコイン その他独自トークン
売買手数料 -0.01%
安全性 △(仮想通貨交換業者登録済・2段階認証・マルチシグネチャ・コールドウォレットなど対策済)
仮想通貨取引所の選び方が全くピンとこなかった人ははっきりいうと知識不足です。まずは仮想通貨取引の基本を確認してから取引所を選びましょう。 取引所選びバナー

アルトコイン・草コインを買うのにおすすめ海外取引所

国内取引所で口座を作ったり、すでに口座を持っている人は次のステップとして海外取引所の口座を作りましょう。海外取引所に口座を持つことで国内取引所にはないアルトコインや価格上昇率の高い草コインを購入することができます。しかし海外取引所はほとんどが日本語に対応しておらず口座の作り方や選び方も難しいと思います。 そこで、私も口座開設し口座開設方法をまとめているおすすめ海外口座を紹介します。 海外取引所での取引の流れ 今さら聞けない海外取引所での取引の流れ

世界一の取引所

2017年7月に設立されてから急成長し今では世界一の取引量を誇るバイナンス!海外取引所デビューするのにおすすめの取引所になります。
Binance
取引所名 バイナンス・BINANCE
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン・有名アルトコイン含む100種以上
売買手数料 0.1%
セキュリティ ◯(セキュリティ確認あり・2段階認証・パスポート本人確認)

国内取引所と提携済みの取引所

海外取引所には珍しく日本語に対応しているEXX.com。スマホ用のアプリも用意されており国内取引所のBitbankとも提携しているので安心して利用できます。
exx.com
取引所名
タイプ 取引所
アプリ iOS・Android
取扱コイン ビットコイン・有名アルトコイン含む30種以上
売買手数料 0.1%
セキュリティ ◯(セキュリティ確認あり・2段階認証)

マイナーコインを探すなら

XPコインなどのマイナーコインを扱っているcoinExchange。オンラインで口座開設完了できる手軽さもおすすめです。
coinexchangelogo
取引所名 コインエクスチェンジ・coinExchange
タイプ 取引所
アプリ なし
取扱コイン ビットコイン・有名アルトコイン含む400種以上
売買手数料 0.15%
セキュリティ ◯(セキュリティ確認あり・2段階認証)

取扱コイン種世界一?!なんでもある取引所

取り扱いコインは1000種以上のCryptopia。中には全く価値の上がらないコインもあるので投資の際はじっくり調べてからにしましょう!
cryptopia_logo
取引所名 Cryptopia・クリプトピア
タイプ 取引所
アプリ なし
取扱コイン ビットコイン・有名アルトコイン含む1000種以上
売買手数料 0.2%
セキュリティ ◯(セキュリティ確認あり・2段階認証)